IVFで我が子を愛でる|高確率な理由を徹底解析

先生

不妊の悩みを相談する場所

男女

京都にある婦人科には高度な医療設備と優秀な人材が揃っているため、不妊治療を目的とした人が各地から集まります。医療施設選びで迷った場合は口コミ情報を参考にすると良く、事前にチェックしておくと安心して利用できます。

More...

大阪で妊婦が通うなら

ナース

産婦人科には妊娠した女性や、妊活中の女性が多く通っています。大阪の梅田は市内の中でも交通の便が良く、電車での移動もしやすくなっています。大きなクリニックも多いため、設備などもしっかりしていることが特徴です。

More...

不妊の治療

カップル

大阪で、赤ちゃんを授かりたいものの、なかなか妊娠しない方に、産婦人科での不妊治療をお勧めします。不妊治療では、様々な治療の中から最適の治療が選択されます。健康保険は利用できませんが、自治体から助成金が出るケースもあります。

More...

高い確率で妊娠

ファミリー

体外で受精

不妊治療の1つにIVF(体外受精)というものがあります。これは、卵子を子宮から取り出し体外で受精させ、培養してから子宮内に戻すという方法です。精子を子宮に注入するAIH(人工授精)よりも費用はかかりますが、高い確率で妊娠できるのが特徴です。妊娠の確率は病院や患者の年齢によって異なりますが、約20%から40%です。IVFは培養を行う期間によっていくつかの種類に分けられます。受精後2、3日体外で培養してから体内に戻す方法をIVF-ET(体外受精・胚移植)と言います。受精後5、6日培養してから子宮に戻すのがIVF-BT(体外受精・胚盤胞移植)です。自然妊娠では7日から10日かけて子宮内膜に達するため、IVF-BTの方が妊娠の確率が高いとされています。

年々増加

体外受精を受けられるのは、精子・卵子に機能障害があるか、人工授精など他の不妊治療を行っても妊娠の見込みがないと判断された人に限られます。女性側の障害は、卵管の閉塞や子宮内膜症、高齢で卵子が老化しているなどが挙げられます。男性側は精子無力症などです。IVFは保険が適用されないため全額自己負担となります。費用は移植の方法や回数によって異なりますが、10万円から100万円が目安です。自治体によっては助成金が設けられている場合があるためウェブサイトなどで確認しておきましょう。AIHやIVFなど不妊治療を受ける人は年々増加しています。障害児が生まれる確率も自然妊娠とほとんど変わらないため、気軽に相談してみましょう。